PROFILE

プロフィール

エンタープライズアーキテクト 山本 高史

元ソフトウェアエンジニア(Javaプログラミング言語における最高水準の設計資格 Sun Certified Enterprise Architect取得者)。東京のSIerにて大手化粧品・健康食品のEC開発プロジェクトに従事。営業に転身し、(株)オウケイウェイヴにて西日本支社の立ち上げ(20社以上のグローバル展開大手企業との取引や大手通信インフラ事業者とのアライアンス締結)、京セラ経営コンサルティング会社にて経営管理システムのクラウドビジネスの立ち上げ、(株)一休にてホテル・レストランに対して累計50億円以上の流通額達成と2,000回以上の企画提案を経験。

家族の障害をきっかけに、障害や病気と向き合う人でも利用しやすいお店づくりのコンサルティングサービスを開業。第32回人間力大賞(青年版国民栄誉賞)地域で光り輝く全国の50人に選出。事業拡大が見込まれるため法人化。日本総研&SMBC主催の未来2019ファイナリストに採択。大手電鉄・不動産グループや全国60拠点に店舗展開する大手チェーンと業務提携し、障害や病気など配慮が必要な人に向けた売上・CS向上支援コンサルティングを実施。コンサルティングで培った経験や過去の実体験から配慮特性解析技術を考案。大阪市ベンチャー支援プログラム(OSAP)に採択、デロイトトーマツのメンター賞を受賞。IT融合新産業の好例としてメディア掲載。

世界中の人・物・場所などの配慮に関する情報を整理し人の役に立つ形で提供する「配慮検索エンジン(障害や病気などに関する配慮情報検索システム)」を開発。阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト「誰もが映画を楽しみ、感動を分かち合える社会の実現を目指し、映画上映会を実施するイベント」に協力会社として参画し従来の150%の集客に貢献。

開発したクローリング技術、配慮特性解析技術など複数の技術をオープン化して、病気など配慮が必要な人が心の休養を目的として旅行できるようにするために、宿泊施設がどのように配慮すべきかという観点のウェルネスツーリズムの研究と転用を進めている。病気と向き合う子供世代が大人になったときに、多種多様な産業領域で商品やサービスを選べる「選択肢がある社会」をみんなでつくる。合理的な配慮を計算可能にするサービスの企画・開発・販売事業を展開。

起業家インタビュー